総量規制の例外もある

総量規制で他社と比較する人がいますが、プロミスの場合、全てのローンが総量規制により、年収の3分の1以上の借入をすることができないと言う訳ではありません。 総量規制の例外や除外もあるケースがあり、それに該当されるのがプロミスのおまとめローンや、目的ローン、事業者ローンです。

また、プロミスを含めた金融業者では、初回小額で借入をされた場合、増額借入をして、総量規制を超える借入をするのは難しくなっています。 多くの金融業者では、借入額が50万円を超えて際には他社借入額の総額が100万円を超えるとなると、所得を証明する書類などの提示が必要になってきます。
ですので、総量規制を超えるようなことがないようにするためにも、まずは総量規制の正しい知識を身につけ、理解することが大切になってきます。

一番最初に総量規制を超えることがないように含められる収入をなるべく多く申告することも大切になってくるのでしょう。 総量規制を超えるとどうなるか、知らない人も多いようなので、借入を検討する人には正しい知識をきちんと身につけてもらった上で申請をしてもらいたいです。 そうすれば、あとで総量規制で苦労をすることもありませんし、悩むこともなくなってくるでしょう。


【おすすめ関連サイト】
カードローン審査がなかなか通らないと悩んでいる方のために、審査基準を分かりやすく解説しているサイトはこちらです。審査落ち対策としてお役立て下さい。